何かと話題の「縛りなしWi-Fi」を購入してみた

最近youtubeやネット広告でやたら目にする3,000円で通信上限なしの「縛りなしWi-Fi」ですが、「縛りなし」というくらいなので軽ーい気持ちで購入してみました。

申し込みはwebで一瞬

「縛りなしWi-Fi」の申し込みページから利用者の情報と支払情報を入力するだけで申し込み完了です。そもそもどの端末のどの回線を使うかということすら選ぶ必要がありません。というか選べません。もし利用するエリアが地方だったり電波の微妙なところの場合はau、ソフトバンクのページから利用可能エリアを確認したほうが良いと思います。

本当にすぐに到着する

申し込みの時点で、端末到着希望日を入力します。私の場合は4/11の夜中にwebから申し込み、4/14を希望日に設定したのですが、申し込みから3日後の4/13にはすでに到着していました。

本当に必要最低限のものだけが届く

Wi-Fiルーターはレターパックライトで到着しました。中を開けてみるとヤフオクかメルカリかと思うくらい簡素(低コスト?)な梱包で、ただ本体と充電用のUSBケーブルがプチプチシートに包まれているだけでした。説明書も一切ありません(笑)。

開けたらこの二つがポロっと出てきました。シンプルすぎる。

届いたWi-Fiルーターは「取り扱い端末一覧」に記載のない「Pocket WiFi 801ZT」でした。どうやら回線はソフトバンクになったようですね。
端末が選べないということだったので、売れ残りの旧製品や中古品が届くのかなーと思っていたのですが、この「Pocket WiFi 801ZT」は2019年4月8日発売の新製品のようです。

初期設定やSIMの挿入作業、開通作業すら必要なく、電源を入れたら即使える状態となっていますね。これはありがたい。

速度計測したら驚きの結果に

実際にどれくらい速度が出るのか計測してみます。機種はXperiaXZを使用。アプリは「SPEEDTEST」を利用しています。計測場所は横浜の自宅付近で人は少なめなところ。
上記の条件なので、繁華街やオフィスエリア等ではかなり速度が落ちるとは思いますが下りで25.8Mbpsと十分すぎるくらいの結果でした。ちなみに上りも早い。自宅のADSL辞めてもいいレベル(笑)

縛りなしWi-Fi(ソフトバンク回線)

下り:25.8Mbps 上り:26.7Mbps

【参考】自宅ADSL

下り:5.07Mbps 上り:1.05Mbps

最後に

個人的には3,000円(13ヵ月目以降は3,000円以下)でこのレベルはコスパ良すぎです。端末を壊してしまったり紛失してしまった場合は4万円位の費用が掛かってしまう点があるので、要注意ではありますね。

こちらの記事もおすすめです

格安SIM活用方法。大手キャリアとの通信速度の違いを実測で検証

「うんこミュージアムYOKOHAMA」 行ってみたら意外と面白かった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。