Zippo超え!?RONSON ロンソン ライター スタンダードは良い(最高のライター)

これまではZippoを使い続けていたのですが、ビレッジバンガードで見かけたロンソンライターに一目惚れして購入してみましたが、これが中々良いものでした。

ポイント1 人と被りにくい&珍しがられる

今まで会社の喫煙所、喫茶店でこれを使っている人を見かけたことがありません。んで「火貸してください」って言われた時に渡してあげると「えっ?」ってなります。

ポイント2 オイル持ちが良い

仕組み的にはZippoよりも機密性が高く、オイルの揮発量があまり無いのか、一週間位は平気で持ちます。
Zippoだと使っていなくても時間経過で勝手にオイルが減って行ってしまう印象があります。よくオイル切れが起きるのですが、ロンソンでオイル切れになることがこれまでありません。
下の画像の通りですが、Zippoと違い、無駄な空間無く芯だけを蓋する構造のため、オイルが揮発しにくいのではないか??と推測してます。

ポイント3 メンテナンスが楽

Zippoのオイル持ちが悪いので、解消するために「オイルタンク」(正式名称?)を使っているのですが、これがイチイチ給油が面倒臭いのです。比べてロンソンはケースを引き出して綿にオイルを浸み込ませるだけなので時間が掛からず楽チンです。ただ、メンテナンスは時間を掛けて愉しむっていうのも重要なのでこれはメリット/デメリットどちらにもなるかも。

デメリットもある

アフターパーツ(社内・社外)はZippoが圧倒的に多いです。それこそ着火石もウィック(導火線)もコンビニで売ってたりしますからねー。私は着火石は純正品(Zippoのものは硬くて駄目)、オイルはZippoのものを使ってます。

あと、風が強い屋外での使用も圧倒的にZippoに分がありますね。というか風がある場所では火が着きません。
最近は職場でも喫煙所が外に設置されていたりするのですが、ビル風が強いような場所だとZippoでも役に立たず、ターボライター一択っすね。

こちらの記事もオススメです

XperiaXZの手帳型ケースを電源ON/OFF連動するよう加工する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。