Excelファイル(xlsx)の中身が何も表示されない場合の対応方法

仕事で使っているExcelファイルがなぜか突然開いても真っ白な状態になってしまい、軽いパニック状態になりました。理由と直し方は大したことではなかったですが記録しておきます。

ファイルを開いても何も表示されない

ファイルをオープンしてもファイル名がタイトルに表示されないし、シートも何も表示されない状態。これはいったいなぜ??

前回保存時にファイルが壊れた?間違って削除して保存しちゃった?

何か別の空ファイルで上書きしてしまった、またはファイルが壊れている可能性もあるので、以下の方法で内容の確認をしました。

1.ファイルサイズを見ると中身は残ってそう(明らかに空っぽではない容量)
2.ファイルをダブルクリックで開いてもエラーにならないし、Excel起動してから「ファイルを開く」にしてもエラーもなにも表示されない。

3.拡張子をxlsx⇒zipに変更し、zipファイルとして展開してxl\sharedStrings.xmlを見てみると、内容は残っているように見える(部分的に元のドキュメント内容が確認できる)

原因は「非表示」ボタンでした

ファイルを開いて真っ白な画面の状態。メニューからも何も操作できない状態。
手当たり次第メニューを開いてみたりしたところ、唯一有効になっている「再表示」ボタンがあるじゃないか!!

まさかとおもい、これを押下すると・・・なんと元通りに。

この非表示/再表示はブック自体に対して機能するようで、これを押下するとマルっと何も表示されなくなってしまいます。
Excelで複数ブックを開いた状態で「非表示」を押下すると、タスクバー上も表示されなくなり、「再表示」で戻すことができません。ただプロセスとしては残っているので、Excelを終了しようとすると「保存しますか?」と聞かれます。どこにも居ないのに。(笑)
この状態で保存してしまうと、次に開いたときに中身が何も表示されない空真っ白なページとなってしまうみたい。

いろんな情報を詰め込んでいたドキュメントが真っ白になってしまったので、焦りました。同じようにパニックになってしまった人の助けになれば幸いです。

こちらの記事もおすすめです

何かと話題の「縛りなしWi-Fi」を購入してみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。