【在宅ワーク環境改善】ネット環境をADSLからNURO光に変更(費用と速度を比較してみた)

新型コロナウイルスの影響で在宅勤務となりました。在宅勤務ではネット環境が命ですが、子供も学校が休校で一日中家でゲームしたり動画見たりで、ADSL環境では限界を感じ、光回線に変更することにしました。

我が家のネット環境

我が家のネットはADSL環境となっています。
ADSLの中でも「タイプ1」というもので、「電話音声と同時にADSL通信を1本の電話回線で共用」というものになります。

契約当初はイー・アクセスの12Mだったのですが、今契約を見たらソフトバンクBBになっていますね。

ADSLサービスについて

ADSLは、どこも新規加入は停止しており、プロバイダーによっては2023年~2024年頃を目途にサービス停止を予定しているようですね。

そんな状況なので今時、ADSL環境の人は少ないかもしれません。
ですが、一応ADSL環境でも7~8Mbps程度速度はでており、動画視聴やゲームするうえでは特に支障は感じませんでした。
家族全員が同時にyoutubeなど動画視聴すると、さすがに画質は落ち、web閲覧のレスポンスも悪くはなります。

また、子供の学校や、地域・地区の連絡用に固定電話の番号を登録していることもあり、ADSL回線+固定電話という環境をなかなか変えにくい。というのもありました。が、実はよく考えてみると、固定電話ってそんなに使うこと無かったですね。大体掛かってくるのは間違い電話、太陽光発電やお墓の営業の電話ですw

光回線はどの会社のサービスにするか

使っているスマホのキャリアがDocomoなので、ドコモ光にしようかと考えていましたが、私はギガホーダイ契約ではないし、家族の使い方、契約を考えてもあまりメリットがありませんでした。
Docomoユーザーの人によっては、スマホセット割が効くドコモ光は、選択肢の一つになると思います。
私はキャンペーンでキャッシュバック額が大きく、無線ルーターも追加費用なしで利用可能なNURO光に決めました。

工事の流れ、申し込み~利用開始まで

コロナウイルスのニュースが日々大きくなり、これはそのうち外出禁止の流れになるとみて、慌てて2020年3月末に申し込みを行いました。
実際に開通し、利用開始できたのは2020年の4月18日と、期間としては約3週間程度掛かりました
私の場合工事立ち合い日を土日で選択していたので、平日立ち合い可能な場合はもう少し短い期間で利用開始できるのかもしれませんが、一方で今はみんなが一斉にテレワーク環境を構築しているのでもっと時間がかかるかもしれません。

申し込みから利用開始までの流れはNURO光のサイトをご確認くださいませ。

宅内工事の内容

電話回線と同じルートで引き込み

固定電話を使わなくなるのでモジュラージャックを潰してももらおうと思ったのですが、工事の担当者と会話したところ、コンセント裏側の埋め込みボックスのスペースが、光ケーブルを取り廻すのに十分でないということで、コンセントの横に「光ローゼット」と呼ばれるものを取り付けることに。

光ローゼットにつなぐケーブルは、コンセントのベースのプレートの隙間からケーブルをニョキっと出して接続します。見た目は正直よくないですが、普段目につかないところなので割り切りました。。。
写真撮り忘れたので以下イメージです。

コンセントから光ローゼットへのケーブルの引き込みです。本当は中断の電話用の口が不要になるのでここを潰してケーブルを取り出したかったですが、断られました。

NURO光のONU(ルーター)も簡単にですが設置していただき、あとは屋外工事完了後、コンセントを接続すれば良いだけ。という状態までセットアップ頂きました。

NURO光の光回線終端装置(ONU)。ZTE社のF660Aです。形状がシンプルな四角なので置き場にも困らない。縦置きで使うようマニュアルに記載されています。

NURO光の光回線終端装置(ONU)。ZTE社のF660Aです。無線ルーターとしても利用可能。LANポートは3つあります。USB2.0ポートが一つ

ONUはZTE社のF660Aという機種みたいですね。無線ルーターとしても利用可能。LANは3ポートあり。USBポートは2.0対応とのこと。出力は不明。

 

屋外工事の内容

屋外工事当日ですが、4月18日の関東の天気は大荒れ。大雨・洪水警報が発令され、雨風共に朝から強く、工事延期になるのかなと思ったのですが、そんなこともなく、作業は一時間半程度で終了しました。作業完了後はNURO光のONU(ルーター)の電源を入れ、開通を確認しました。

なお、宅内工事も屋外工事も機器の取り付けのために外壁にビス打ちするので、借家の方はご注意くださいませ。(ケーブル引き込みのための穴をあけない場合でも)

ADSL(ソフトバンク)と、NURO光の速度比較

ブロードバンドスピードテストのサイト(https://www.bspeedtest.jp/)でADSL、NURO光の速度計測をそれぞれ行ってみました。
有線は先日構築したRyzen5 3600のデスクトップPCで計測。無線はMacBookAir2019で計測したものです。

環境 Ping ダウンロード アップロード
ADSL有線 34ms 8.86Mbps 1.28Mbps
ADSL無線(5GHz) 46ms 7.83Mbps 1.50Mbps
NURO光有線 8ms 835.08Mbps 656.09Mbps
NURO光無線(5GHz) 31ms 383.63Mbps 451.46Mbps

NURO光は圧倒的に高速です。特に有線環境ではPing値が改善されてます。この数値を見ると、ネットゲームとかでは光回線必須なのがよくわかりますね。
無線でもPing値はADSL環境とあまり変わらないですが、必要十分な速度が出ています。

エビデンスとして画面キャプチャーも貼っておきます(職業病)

ADSL有線

NURO光有線

ADSL無線(5GHz)

NURO光(5GHz)

 

ADSL(ソフトバンク)と、NURO光の費用比較

ADSLはタイプ1のため、固定電話とセットの費用となりますが、3,528円(+固定電話の費用が月々4,000円程度)
タイプ2の専用線の場合は、割高で5,120円です。

一方でNURO光は月額4,743円です。

光回線って高額なイメージがずーっとあったのですが、全然そんなことありませんね。
また、いろいろ新規契約時にキャンペーンも行っていて、私が申し込みしたときは一年間の月額料金が980円になるというものでした。

ということで、費用面でも実は光回線のほうが安く、コスパも良い。という結果になりました。

最後に

こんなことなら、もっと早く光回線にしておけばよかったと、後悔?しています。
メインPCも新しいものになり、ネット回線も快適になり在宅環境はかなり充実したものになりましたとさ。

こちらの記事もおすすめです

第三世代Core i7からRyzen5 3600にBTOミニタワーPCを最新化(Windows10のライセンスは購入不要?)

何かと話題の「縛りなしWi-Fi」を購入してみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。