数年前に買ったCore i7(第3世代)のミニタワーBTOパソコンでモンスターハンターワールドを遊ぶ

大分間が空いてしまいましたが、過去の記事でGTX1050TiをミニタワーBTOパソコンに刺しました。以前から興味があったモンスターハンターワールド(MHW)ですが、PS4を持ってないので、このパソコンを使ってMHWを遊んでみたいと思います。

PC版よりPS4版がお得?

ソフトは「Steam」で購入しました。大体6,000円くらいです。
PS4版だと、中古も大量に出ていますし新品もかなり安くなっていますね。
「PS4本体+ソフト」で環境作るよりも、もともと持っているPCに「グラボ+ソフト」したほうが安価でプレイ出来ると考えていたのですが、グラボの選択肢によっては逆転するかもしれませんね。

ソフトのダウンロードには家のADSL回線では半日程度掛かりました。
最近のゲームは購入してすぐに遊ぶことが出来ず、ダウンロード+インストール+最新パッチ適用と時間が掛かるので気軽にプレイ出来ないのがいやですな。

MHWを起動、グラフィック詳細設定

インストールが終わったので、早速起動してみます。

グラボがGTX1050Tiとロー~ミドルスペック程度のため、グラフィックオプションは以下の設定としました。

イメージクオリティ:可変(フレームレート優先)
ボリューム描画品質:中
影品質:低
アンチエイリアス:OFF

「イメージクオリティ」と「ボリューム描画品質」は”高”にすると綺麗なのですが、複数のモンスターが画面内にいる時等に動きがカクカクすることがあったので、”フレームレート優先”にしています。
アンチエイリアスは好みの問題かもしれませんがOFFったほうがモヤモヤ感がなく見やすいので切っています。

CPUは余裕あり、GPUは常時100%状態

稼働中のパフォーマンスはこんな感じです。(タスクマネージャで確認)

第三世代Core i7でもそこまでCPUはフルフルに稼働している様子はなく、60~70%の間をフラフラしています。一方でGPUは100%で張り付くのですが、問題ない(フルに性能を発揮しているため)ようです。

最後に

今回は7年前位に購入したCore i7のBTOパソコンに、GTX1050tiという組み合わせのPCで遊んでみました。プレイには全く問題なく楽しんでいるのですが、上位機種であるGTX2080にしたらどうなってしまうんだろうと興味が湧いてきてしまいました。価格が飛んでもないので、思い付きでは購入出来ませんが・・・。
自作の世界はハマったら金がやばそうですね。

 

こちらの記事もおすすめです

ミニタワーBTOパソコンにグラボGTX1050Tiを積んでみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。