第五世代 無印iPadのケース選びで失敗しない方法

裏面の林檎マークがあるので、裸のままで使用するのもカッコイイですが、持ち歩くときはやっぱりケースが欲しいですよね。

私がタブレットのケースに求めるモノ

ケースといっても何でも良いわけではありません。個人的な要件(職業病ですw)は以下の4点で、これらを満たした製品を探します。

・付けっぱなしにしたいので重くないコト
・裏がクリア(林檎マーク出したい)
・スタンドにもなる
・閉じたらスリープ(定番)

 

実際に買ったもの

ということで要件を満たすコチラをAmazonでポチってみました。今回購入した商品はお値段も2,000円以下と大変リーズナブルです。※というかネットショップ上はこんな要件を満たす商品がゴマンとあります。このあたりの充実っぷりはさすがiPadというところです

使用感は

装着感も全く問題ないですし、造りも安っぽい感じはしないです!!重量も200グラムぐらいなので付けっ放しでバッグに入れっぱなしでも苦になりませんねー。とかなり満足げだったのですがひとつくらいはイマイチな点がやっぱりあるものです。

唯一の不満点。それは・・・

こちらでございます。どどん。

はい。ケース装着しているとコレが刺さらないのです。コレは何かというとステレオ⇒ステレオミニプラグの変換プラグです。家ではヘッドホンで音楽を聴きたいのですがヘッドホンは通常ステレオプラグ(鉛筆くらいの太さのヤツです)これをiPadに差し込むためにステレオミニプラグに変換してあげる必要があるのですがこのガッツリとした作りのプラグはケースと干渉してしまい奥まで刺すことが出来ません。ということで現在はヘッドフォンするときにはこの端子の部分だけカバーをペロッと外して使っておりまする。うーん。変換プラグは基本この形しかないし、ケースを切るのは失敗しそうだし、このまま使うしかないかなぁ。

さいごに

iPadは大型家電店でもケース選び放題ですしネットだと種類も豊富で且つ値段も安いので、あれやこれやといろいろ試してみるのも楽しいiPadライフになるのではないでしょうか。いまさらながらApple純正のケース(背面丸出し)も欲しくなったりしてます。純正は高いですけどね。。。

 

こちらの記事もおススメです。

いまさらですが、第5世代iPad(2017年 無印)を買いました

第五世代iPad(2017年 無印)を2ヶ月使ってみて。使い勝手をレビュー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。