Anker PowerCore 10000レビュー(デザイン&コスパ良し)

通勤カバンに入れっぱなしにしておく用として「Anker PowerCore 10000」を購入してみました。

これまでは「2port battery ultra-thin 3600」ってのを持ち歩いてました。質感がアルミで良く、厚みも1ミリ切っていて、良かったのですが、購入してから5年程経過しており、いかんせんバッテリーが弱ってきてしまいました。んでAmazonで「バッテリー容量が大きく」且つ「軽量(通勤カバンに入れっぱなし想定)」として良さそうな「Anker PowerCore 10000」をポチってみました。

開封の儀

安定感のあるANKERの箱、そして無駄の無い詰まりっぷりです。付属品はソフトケースと充電用の充電ケーブルです。

前任者との比較

「2port battery ultra-thin 3600」に比べるとずんぐりしたボディ、質感はプラスチック感満載ですが「世界最小&最軽量:10000mAh以上」を謳うだけあってこのサイズで2.7倍ほどの容量があるのは素敵です。

実際に使ってみた

XperiaXZ(SO-01J)をバッテリー0%からフル充電したところバッテリー残量はメモリ3/4残りでした。あと手持ちのiPad(2017年)、iPadMini2もちゃんと充電できることが確認できました。ちょっとした出張や旅行だったらこれ一つで十分かもしれませんね。給電口が一つしかないのでipadや携帯ゲームとか同時に充電できないのですが全然OKですね。

こちらの記事もおススメです。

第五世代iPad(2017年 無印)を2ヶ月使ってみて。使い勝手をレビュー

BTOパソコン(ミニタワー)だってSSDにしたい。HDDをSSDに換装する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。