バス通勤の大変さ。別の通勤方法で快適にできないか。(快適性をとるかコスパをとるか!?)

引越しシーズン真っ只中ですが、進学や転勤、または新居を構えるにあたりバス通勤を考えている方に、是非知っておいていただきたい事実を記事にしました。

という私も、神奈川のとあるバス通勤圏に家を建ててしまいました。カタログスペックでは「①家からバス停まで2分、②最寄り駅まで10分、③バス停から駅まで徒歩3分」だった、家から駅まで、①+②+③で15分位なのかなぁなんて考えてました。ええそうです。

甘い。甘すぎるっ!!

ということで実際バス通勤している身としてバス通勤がどんなものなのか語っていきますね。

早朝や深夜は本数が少ない

通勤、通学の時間帯は5~10分に1本といった頻度で走っている路線でも、早朝や深夜には1時間に1本30分に1本というのがザラです。

また9:00以降は利用者が減るのでこれまた本数が少なくなります。

始発が遅く、終電が早い

電車に比べて「始発が遅く、終電が早い」のです。
早朝に移動することはあまり無いのですが、「朝イチで羽田発の飛行機予約したいけどバスが無いから間に合わない」とか良くあります。

また終電については仕事柄しょっちゅうなのですが、駅から家に帰るまでの足がなくなってしまうのでやむを得ずタクシーということになります。

仕事であれば会社に請求できますが、飲み会で遅くなった場合のタクシー利用は自腹ですね。会社関係でもプライベートでもタクシー利用の機会が増えます。

雨や風の日は辛い。雪の日は孤島

大体のバス停は、屋根がありませんね。そのため雨や風の日はただ耐えるしかありません。またそういった時に限って道路状況が悪かったりして時間通りこなかったりするのです。また、雪の日は絶望的ですね。都内で大雪がニュースになるような日は、1時間以上遅れたりもするのでバスは走ってないと思った方が良いかもしれません。

電車のように時間通りバス停には来ない

バスにも時刻表があります。ただし電車の時刻表とは異なります。あくまで目安です。バスは一般の道路を一般車両と共有しながら走ります。そのため道路状況によって時刻通りにバス停に到着しないことが当たり前のようにおきます。

私が良く利用する神奈川中央交通では、ネット上でリアルタイムに運行状況が分かる「神奈中バスロケーション」というサービスがあります。
すごい便利なのかなと思ったのですが、全然使えません。。。

「神奈中バスロケーション」のバス接近情報に合わせて家を出るといつの間にか乗りたかったバスが消えて無くなっていたり、「まもなく到着」となっていたバスが「10分遅れ(あと十分で到着)」になることがよくあります。

もし利用する路線でこういったサービスが提供されている場合はよく下調べしておきましょう。

そして神奈川中央交通さんには是非ともサービスの向上をお願いします。

時間帯により到着時間が異なる

前述しましたとおり、一般の道路を一般の車両と走行するため、早朝深夜は10分で到着する距離でも、日中の混雑時間帯では2倍、3倍と掛かります。

土日、祝日は本数が激減

平日と比較して、休日の通学・通勤時間帯のバス本数は少なくなります。休日出勤をするような方の場合は土日・祝日の運行ダイヤも確認しておきましょう。

それでも駅遠物件からバス通勤をする場合には

引っ越した新環境を想定して、自分が乗る予定の時間帯のバスに乗ってお試ししてみることをおススメします。それも何度か乗ってみたほうが良いです。
どうしてもバス通勤をしなければならない、バス通勤を考えている人は以下があるとちょっとは楽になるかもしれません。

バス以外の通勤手段を利用する

自転車や原付で通勤する

コスパ:★★★ 解適度:★☆☆

私は冬以外はバスには乗らず、原付で駅まで移動しています。
自転車や原付だと駅で「駐輪場」を日単位で利用できるのが便利です。
また設置されている場所も駐車場と比較するとベッタリと駅にくっついていることが多いです。
雨の日は大変なので、諦めてバスを使うといった併用になるかとおもいます。
飲み会がある日は駐車場に置きっぱなしにせざるを得ないので、無駄にお金が掛かっちゃうことがありますが、一日数十円~数百円なので痛くはない。
あと自転車の場合は体を動かすので健康のためにも良さそうです。

自動車で通勤する

コスパ:☆☆☆ 解適度:★★★

暑い日も寒い日も、雨の日も風の日も快適に通勤できる自動車。あぁなんて便利なんだろう。
ただし、駅近くの駐車場を借りる必要があるので、家のローン+駐車場の賃料を考えると、最初から駅近の家にしても良かったのでは?というコスパの悪さ。
さらに燃費の悪い車だと、ガソリン代も掛かりますね。
また、日中車は駅付近の駐車場にとめておく事になり、他にも家族で車を使う人が居る場合には非常に不便です。

家族サポートで送り迎え

コスパ:★★☆ 解適度:★★★

車があり、家族の方に送り迎えを協力してもらえる環境であれば、たとえば雨の日だけは送り迎えしてもらうとかアリだと思います。

タクシーを活用

コスパ:★☆☆ 解適度:★★★

タクシーは駅に乗り場があるので、必然的に利用できるルートが「駅⇒家」だけになってしまうのですが、天気が悪い日、お酒を飲んじゃった日といった感じでスポットで利用するのは悪くないと思います。毎日利用するとお金がとんでもなく掛かってしまうので、別の交通手段と組み合わせて考えましょう。

さいごに

個人的な意見ですが、バスはデメリット満載なので、バスマニアでなければなるべく避けるべきだと思います。

しかし、バス通勤するということは当然駅から離れた辺鄙な場所なわけで、静かな住宅地だったり、土地が安い&広いだったりバス通勤以外でのメリットがあります。自分が納得できればアリではないでしょうか。

とは言え、後で「こんなはずじゃなかった」と私のように後悔することが無ければ良いのではと思います。是非この記事が参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。