くらしのマーケットで実際にエアコン取付工事をお願いしてみました

くらしのマーケットで実際にエアコン交換工事を依頼してみました。家電量販店との違い、メリットやデメリットについて。

ちょっと前まで過ごしやすい日が続いていましたが、ここ最近ぐっと暑くなってきました。まだ戸建てを新築後、エアコンを取り付けてない部屋がまだ残っていたので「くらしのマーケット」でエアコン取付を実際にお願いしてみました。

本格的な夏がやってくると希望の時間帯(土日、祝日)での工事予約ができなかったりするので、早めの取り付けがベストです。そう思っていて毎年忘れてしまうのですが、今年はちゃんとタスク管理していて忘れずに取り付けしました。

一般的(?)には家電量販店などでエアコンを購入し、そのまま工事もセットで予約することになると思うのですが、家電量販店とくらしのマーケットでのエアコン取付で気が付いたことをまとめてみます。

メリット①:エアコン本体を安く購入できる

何よりもこれが大きいです。価格.comとかで探して自分の欲しい製品を最も安い販売店から購入できます。また、最新機種にこだわらなければ型落ちを手に入れることもできます。家電量販店では基本的に最新モデルしか置いてないですからね。

メリット②:信頼できる業者を自分で選べる

なんといっても顔写真が付いていて、口コミの確認や評価の確認をしたうえで業者を選択できるのが大きいです。私のケースですが、実際に工事に来ていただいた方も写真と同じ方が担当でした(大きい業者によって違う人が来るかもしれません)

今回、くらしのマーケットに依頼した理由の一つでもあるのですが、以前家電量販店でお願いして、下請け業者が工事したときには、何の確認もせずにいきなり壁にドリルで穴を開け始めたんですよね。。。穴開けた後に「あっ!エコキュートの配管ギリギリでセーフでしたねwww」なんて笑顔で言われた時にはマジで帰ってくれと思いました。下請けなので「言われた仕事をやりに来ただけ」スタイルなんですよね。。。

ちなみにくらしのマーケットでお願いした業者さんは、私からお願いする前に、平面図を確認したいと連絡があり、穴を開けてよい場所を事前に確認いただきました。工事当日も穴を開ける場所や取り付け位置に関しては立ち合いの元、しっかり確認取ってから作業を行う流れで安心できましたね。

デメリット①:設置の日までエアコンが超邪魔

量販店で購入すれば、エアコン本体が家に到着するのと同時に工事が始まるので、何も気にすることがなかったのですが、「エアコン本体購入」「取り付け依頼」を別々に手配すると、この間の期間はエアコンの室内機、室外機をどこかに置いておく必要があります。大きい家なら何の問題もないですが、我が家は狭小住宅&外に置いておくわけにもいかないので、数日間玄関のスペースの7~8割をエアコンが陣取る状態となりました。

まぁスケジュールをエアコン到着~工事までの期間をギリギリに設定すれば大丈夫なんでしょうが、「荷物が受け取れなかったら」とか考えると多少の期間は持たせたほうが安心ですしね・・・。

デメリット②:業者さんとのやり取りが面倒な人は向かないかも

くらしのマーケット上で取り付け予約をした後、取り付け開始までに業者さんと詳細なやり取りをメッセージでやり取りすることになりますが、「エアコンの型番は?」「取り付け場所は?」「標準工事?」「取り付け場所の写真送って」といったことに答えていく必要があります。

家電量販店でも申し込みシートに記入する内容だと思いますが、人によっては何度もやり取りが発生するのが面倒と感じるかもしれませんね。

個人的には、事前に情報交換することで、当日になって工事内容が変わったり、費用が跳ね上がったりすることがなくなるので良いことだと思っています。

さいごに

個人的には、今回お願いした業者の方は非常に対応も良くて、また機会があればお願いしようと思います。(評価は★5を付けました)

前回、家電量販店で取り付けしてもらった下請け業者には★1付けたいですが、そんなのできないですし、業者側も評価されないことが分かっていて対応・作業が悪かったんではないかなーと考えてしまいます。

どっちにしても人による当たり外れはあると思いますが、自分で選べる「くらしのマーケット」が個人的にはおすすめです。

あ、工事の価格に関しては業者にもよるけど、家電量販店とそんなに変わらないかなーって感じです。

こちらの記事もおすすめです

【在宅ワーク環境改善】ネット環境をADSLからNURO光に変更(費用と速度を比較してみた)

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。